読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オウム真理教

オウム真理教について

オウム真理教

オウム真理教

アウトライン

"オウム(AUM)"は、サンスクリットやパリの "Ahum"という3つの文字に分解することができます。これは宇宙の創造、維持、破壊を意味し、その意味は「すべてが永久である」ということです。つまり、すべてが変化しています。アサハラ自身の解説によれば、「真理」の意味は、ブッダイエス・キリストがこれが人間が練習しなければならないことを教えていることですが、その教えの根源は「真実」と呼ばれています。また真理と密接に関連する科学である[3]。

1996年(平成1996年)1月、宗教法人としての地位を失ったが、活動を続けた。 2000年(平成12年)、2月に倒産して消滅した。同時に、新しい宗教団体であるアレフが設立され、教義と信者の一部が引き継がれました。アレフは後にアレフに改名され、別の宗教団体ヒカリの指輪が派遣されました。

松本サラン事件、地下鉄サリン事件の恐怖(「オウム真理教事件」)など多くの反社会的活動が行われた[4]。彼らは、自動ライフル、化学兵器、薬を量産していると言われている[2]。

まるでオウム真理教の仲裁人がマスメディアによって高等教育のみの科学で構成されているかのようにイメージで覆われていた。しかし、それは多くの宗教団体でよく見受けられますが、実際には社会で正常に生きることに疑問を感じる人、DVの犠牲者、虐待された子供、精神障害発達障害など多くの人格障害、これらの社会的に脆弱なメンバーの多く[5]。
歴史
先史時代

1984年(昭和59年)、浅原明(本名・松本道夫)は、後に「オウム真理教」(Aum Shin Sen no Kai)に変わるヨガ教室「Aum Sisters Association」を開始した。この頃、時折の雑誌「Monthly Mu」がこのオウムの会合を「日本のヨガグループ」として取り上げ、写真付き記事を掲載しました[6]。この写真は、後に同じグループが言う「Daldry・Siddy」(空中浮上の原型)と呼ばれるザゼンを作って飛びます。そのとき、松本家は船橋市に住んでいました、千葉県、貧乏人、家族全員が1ベッドルームを共有していた。食事は肉の代わりに野菜を中心にし、グルテンの肉を食べ、浅いテーブルでホットプレートを食べ、野菜のバーベキューを楽しんだ。この橋の家には宗教絵が掛けられ、仏像が棚に置かれていた。アサラは瞑想室に1日1回滞在して訓練を受けていた。棚の前にはシャバがあり、浅原はそれを祭壇「形は重要ではなく、心は大切だよ、私にとってそれはアサハラの習慣だ」あの頃、教団が大きくなってからも、麻原はそれを祭壇として使っていた。その時、朝青は渋谷区のヨガ教室を開いていた東京に住んでいたので、帰宅時の強さが弱かったため、野球のライブ放送がテレビに固執するのを時折見ました。 1986年ごろ、世田谷区道場に住み込み、帰宅することはほとんどありませんでした。浅原が家に帰るとすぐに、3人の女の子が喜びで入り口まで走り、姉妹と戦う父親のような普通の家庭のようだった。二番目の娘は、父の帰国を「太陽がない世界、太陽が来た」と表現しました。しかし、私の妻の松本友子さんは、朝原がめったに帰ってこなかったことから精神的に不安だったので、朝原は浅原に向かって恥ずかしいと感じる破裂があったため、ほとんど抵抗しませんでした。 3女性松本麗華の目は、智子が浅原の宗教を信じているようには見えなかったが、智子は真夜中までに灰原の本を書いていた。朝比奈さんは「蚊に刺されてもかゆみはしたくないが、蚊は生きている」とか「仏によれば死後に生まれ変わり、蚊として生まれ変わる」と語った。私の妻の智子さんは平和の中で蚊を殺していました。また、朝鮮は発展途上国を中心に家族と一緒に、子どもたちに「世界で食べ物を食べることができない子どもたち、屋根のない生きていけない子どもたちがいる。彼は言った。

私の妻の松本智子さんは、松本麗香によれば、1982年に薬事法違反で逮捕された3人の女性が、精神的葛藤のために精神的葛藤のため異常が現れ始め、神経症(「転生生活」で書かれている)に苦しんでいると告白した。その後、外出のエピソード恐怖・恐怖症を引き起こし、強迫神経症が深刻になる。このため、家庭でも精神的不安定性が目立っていて、微笑みを浮かべた笑顔が外に出ていた日にのみ、私たちは爆発していた