読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オウム真理教

オウム真理教について

オウム真理教の海外進出

海外進出

アサラは、世界中の宗教的聖域を取り巻く主要弟子たちと一緒に、彼ら自身の権限のために連れて来ました。 1987年、「アサハラの元世界は古代エジプトのイムホテプエ王だった」ため、王が埋葬されたピラミッドを観察する目的でエジプトを巡りました。後でAsaharaは彼の本「ピラミッドは細孔装置である」と述べている[13]。 1989年(1989年)8月、ロシア、スリランカなどの海外支部を持ちながら、全国の支部や道場を管轄する当局の知事から宗教法人としての認可を得た後、ロシアでは優れたパフォーマーが集まり、Keylenと呼ばれる独占オーケストラを所有し、宣教活動に使用された[14]。日本では、1989年(1989年)[15]に約1万人の信者が存在していた。 1991年(平成3年)、マサチューセッツ工科大学マサチューセッツ工科大学マサチューセッツ工科大学)を中心とした活動を奨励した。

1992年11月12日、インドのガヤ仏教寺院の「キングガガ(King Ge Ga)」の菩提樹の下で啓蒙されたといわれる聖地に仏陀が座って、地元の大祭司に従わなかったので、彼は警官に引きずられた。浅原は日本のテレビ番組やラジオ番組に徹底的に曝され、雑誌とのインタビューや有名人との対話を行った。その他の講演会、ロシア、東南アジア諸国とアフリカ諸国への訪問や支援活動、出版物の大量出版が行われた。私たちは図書館に寄付して預金を提供し、浅原の書籍を含むオウム真理教の出版物は国会図書館に残っています。若手入学者を募集しようとすると、若者向けの雑誌に登場し、1980年代後半(東京大学京都大学千葉大学横浜国立大学など)より頻繁に学園祭で講演を行った。 1992年(平成3年)には、「マハポシャ(Mahaposha) Sarin Incidentの後で広く知られるようになり、安価なパーソナルコンピュータの製造と販売を開始しました。
オウム真理教放送開始

ロシアでは、1992年4月1日にAum Shinrikyo Broadcastingがスタートしました。日本語以外にも、私は英語とロシア語で放送していました。当初は「Ewagelion・Tess・Basileias」という番組の名前で、その年の4月中旬から「Aum Supreme Truth Broadcasting」という放送局名、放送時間、周波数などの発表はされていませんでした。ギリシャ語では、「Euangelion」が正しい発音であるという聞き手の点から、8月1日の放送から「Euangelion・Tess・Basileias」に変更されました。生産は山岳地帯にありました。富士総合本部で録音テープをモスクワに放送し、放送している。電波の受信状態が悪かったので、山下のスタジオからライブ放送に変更されました。 12月1日から富士ゼネラルマネージャー。 1992年6月15日、モスクワ放送の英語世界サービスの時間枠を用いて、日本時間の午前5時30分から日本時間午後13時30分まで、全世界の英語放送を約30分間開始しました。 1992年9月1日から、ロシア語の放送 "Mayak"の約25分が始まりました。 11月19日、モスクワのテレビで2×2の番組「真理探検」が開始される[17]。

一連の事件が強制捜査を受け、ロシア当局は放送を中止することを決め、1995年3月23日の日本での放送が最後であった。次の日にもスタジオは番組を送ったが、ロシア側は放送をやめることに決めたので、電波に乗っていなかった[17]。

プログラム内では、浅原彰利として編成された多くのアロングソングが演奏され、「超越力」、「閻魔の数」、「王国の福音」、「シャンバラシャンバラ」などの第1楽章の一部が放送されたモスクワ大学の浅原晃氏の様子。アシャラの3人の弟子、カンカール・レヴァタ(杉浦稔)アナウンサー、ダルマヴァシリ(坪倉寛子)助手、ミトラ・マンツフリーミトラ(村井秀雄)が登場しました。麻原知事の松原朋子氏は、かつては反宗教であるという衝撃的な発言をし始め、マサシ夫人の考え方が変化している様子もまた洗い流されました。英語放送では、朝原の英語のメッセージに加えて、弥勒(朝原義弘)が朝の人格を扱い、弥生(Mitsumoto Matsuko)がその日を担当していた[17]。

1995年3月22日、Aum Shinrikyoに対する警察の強制捜査が行われ、次の23日には旭原自身がこれについて反論した内容が放送された。音質から、サティアン4thスタジオではなく別の場所で録音されたと推定されます。 1995年2月から、Asahar

オウム真理教

アウトライン

"オウム(AUM)"は、サンスクリットやパリの "Ahum"という3つの文字に分解することができます。これは宇宙の創造、維持、破壊を意味し、その意味は「すべてが永久である」ということです。つまり、すべてが変化しています。アサハラ自身の解説によれば、「真理」の意味は、ブッダイエス・キリストがこれが人間が練習しなければならないことを教えていることですが、その教えの根源は「真実」と呼ばれています。また真理と密接に関連する科学である[3]。

1996年(平成1996年)1月、宗教法人としての地位を失ったが、活動を続けた。 2000年(平成12年)、2月に倒産して消滅した。同時に、新しい宗教団体であるアレフが設立され、教義と信者の一部が引き継がれました。アレフは後にアレフに改名され、別の宗教団体ヒカリの指輪が派遣されました。

松本サラン事件、地下鉄サリン事件の恐怖(「オウム真理教事件」)など多くの反社会的活動が行われた[4]。彼らは、自動ライフル、化学兵器、薬を量産していると言われている[2]。

まるでオウム真理教の仲裁人がマスメディアによって高等教育のみの科学で構成されているかのようにイメージで覆われていた。しかし、それは多くの宗教団体でよく見受けられますが、実際には社会で正常に生きることに疑問を感じる人、DVの犠牲者、虐待された子供、精神障害発達障害など多くの人格障害、これらの社会的に脆弱なメンバーの多く[5]。
歴史
先史時代

1984年(昭和59年)、浅原明(本名・松本道夫)は、後に「オウム真理教」(Aum Shin Sen no Kai)に変わるヨガ教室「Aum Sisters Association」を開始した。この頃、時折の雑誌「Monthly Mu」がこのオウムの会合を「日本のヨガグループ」として取り上げ、写真付き記事を掲載しました[6]。この写真は、後に同じグループが言う「Daldry・Siddy」(空中浮上の原型)と呼ばれるザゼンを作って飛びます。そのとき、松本家は船橋市に住んでいました、千葉県、貧乏人、家族全員が1ベッドルームを共有していた。食事は肉の代わりに野菜を中心にし、グルテンの肉を食べ、浅いテーブルでホットプレートを食べ、野菜のバーベキューを楽しんだ。この橋の家には宗教絵が掛けられ、仏像が棚に置かれていた。アサラは瞑想室に1日1回滞在して訓練を受けていた。棚の前にはシャバがあり、浅原はそれを祭壇「形は重要ではなく、心は大切だよ、私にとってそれはアサハラの習慣だ」あの頃、教団が大きくなってからも、麻原はそれを祭壇として使っていた。その時、朝青は渋谷区のヨガ教室を開いていた東京に住んでいたので、帰宅時の強さが弱かったため、野球のライブ放送がテレビに固執するのを時折見ました。 1986年ごろ、世田谷区道場に住み込み、帰宅することはほとんどありませんでした。浅原が家に帰るとすぐに、3人の女の子が喜びで入り口まで走り、姉妹と戦う父親のような普通の家庭のようだった。二番目の娘は、父の帰国を「太陽がない世界、太陽が来た」と表現しました。しかし、私の妻の松本友子さんは、朝原がめったに帰ってこなかったことから精神的に不安だったので、朝原は浅原に向かって恥ずかしいと感じる破裂があったため、ほとんど抵抗しませんでした。 3女性松本麗華の目は、智子が浅原の宗教を信じているようには見えなかったが、智子は真夜中までに灰原の本を書いていた。朝比奈さんは「蚊に刺されてもかゆみはしたくないが、蚊は生きている」とか「仏によれば死後に生まれ変わり、蚊として生まれ変わる」と語った。私の妻の智子さんは平和の中で蚊を殺していました。また、朝鮮は発展途上国を中心に家族と一緒に、子どもたちに「世界で食べ物を食べることができない子どもたち、屋根のない生きていけない子どもたちがいる。彼は言った。

私の妻の松本智子さんは、松本麗香によれば、1982年に薬事法違反で逮捕された3人の女性が、精神的葛藤のために精神的葛藤のため異常が現れ始め、神経症(「転生生活」で書かれている)に苦しんでいると告白した。その後、外出のエピソード恐怖・恐怖症を引き起こし、強迫神経症が深刻になる。このため、家庭でも精神的不安定性が目立っていて、微笑みを浮かべた笑顔が外に出ていた日にのみ、私たちは爆発していた